エアコン取り付けで失敗を避けるには

エアコン取り付けで失敗を避けるには

2018.06.24
/ / /
Comments Closed

エアコン取り付けは業者に頼んでおけば成功するものだと考えている方は多いでしょう。しかし、実際には工事に失敗してしまうというケースも存在しているのです。失敗してしまうと余計な時間や費用がかかってしまうことになるでしょう。そのため、できるだけ失敗しないようにするべきです。そうすればいつまでも快適にエアコンを使えるようになるでしょう。

こちらではこれからエアコンの工事を依頼する際の注意点について教えましょう。どのような点に気をつけておけば、エアコン取り付けに失敗しないのか、初心者が覚えておくべきポイントを教えます。ただ漠然と業者を利用して、工事を依頼するだけでは思わぬ失敗をしてしまう可能性があるのです。そのようなことがないように、役に立つ情報を提供しましょう。

綿密に打ち合わせをする

打ち合わせこれから業者に頼んでエアコンの取り付け工事をしてもらうならば、しっかりと打ち合わせをすることが大切です。打ち合わせをすることによって、さまざまなトラブルを回避することができます。事前にいろいろな情報を報告しておくとよいでしょう。そうすれば、しっかりと対応してもらうことができるのです。どのメーカーのどんな品番のエアコンを取り付けてほしいのかまで正確に伝えておきましょう。

また、エアコンをどこに設置するつもりなのかもきちんと教えておくことをおすすめします。室内機と室外機の設置場所をなるべく詳しく教えておくのです。そうすれば、必要な準備をしてくれたり、アドバイスをしてくれたりするでしょう。また、すでに穴があいているのか、それともこれから穴をあけないといけないのかも教えておきましょう。穴をあける必要があるならば、追加工事が必要となってしまう可能性もあるのです。

エアコン専用のコンセントがあるのかも伝えておきましょう。たとえばエアコンが200Vの機種ならば、それに対応できるコンセントが用意されていなければいけないのです。その他にも何か追加したい工事があるならば、そのことについても伝えておきましょう。化粧カバーを取り付けてもらったり、すでにあるエアコンの処分を頼んだり、取り外しをしてもらうといった工事にも対応できるでしょう。

できるならばこれからエアコンを設置してもらいたい場所の写真をメールで送っておくとよいでしょう。そうすれば業者の方で専門家の視点からチェックすることができます。

設置場所に注意する

エアコンをどこに設置するのかはとても重要な問題となるでしょう。設置場所はきちんと考えておかなければいけないのです。そうしないと失敗してしまう可能性があります。たとえば窓の上にエアコンを取り付ける場合は、十分なスペースがなければいけません。それが不可能なケースもあるため注意しましょう。

エアコンからは常に風が吹いてきます。それが直接自分に当たるような場所に設置してしまうこともあるでしょう。それでは生活をしていて不快になってしまう場面が増えてしまうでしょう。部屋の中でどのように生活をするのかを考えておいて、それにふさわしい場所に設置しておくべきです。できるだけ風が直接当たらないような設置場所を見つけましょう。エアコンの風によって軽いものは飛ばされてしまいます。できるだけ何もない空間に向かってエアコンの風が吹くようにしておくとよいでしょう。

室外機の置き場所についても注意しておきましょう。外にあると意外と目立ってしまいます。そのため道路側には設置しないのが基本となります。家の裏側に設置することが多いでしょう。また、土地が狭い場合には設置場所に困ってしまうこともあります。

わからないことや悩みについては業者に相談をするとよいでしょう。業者であれば、それぞれの家庭でエアコンを設置するのに最適な場所を提案してくれるはずです。


Comments are closed.